☆まめこまめ・2011春☆


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低出生体重児関係者の方へお願いがあります(就学猶予について)


某番組制作に携わる方とやりとりをする機会がありました。
(以前、こちらで紹介した番組の関係の方です)



最近、新聞紙上でも話題になっている「就学猶予」について。



以前は、障害児に教育を受ける権利を剥奪し、
義務を放棄することが目的であった「就学猶予」ですが、最近の考え方では、
必要な教育をより子どもにそった年齢でやることが大きな目的に変わりつつあります。



小さく産まれたことで、発達等の問題から就学猶予を考えられる方もおられると思います。
年々、低出生体重児が増えつつあること、けれど、行政は何も変わらない、という点。



番組制作にあたって、23週出産ママとしてご相談をいただいたのですが、
まめ天はまだ4歳、年中なので、まだ実感としてお話することが少ないです。
(けれど、実際今までのまめ天の子育てにおいて、
行政へ不信感を抱いたことはたくさんあります。)



もしも、こちらを読まれた方で、
思う所や、実際就学猶予に関して悩まれている方がいましたら
メールでも良いのでご連絡いただけませんでしょうか?
番組制作にあたりお話を聞かせていただければ幸です。



もしくは転載をどうぞよろしくお願いいたします。











どうぞ、よろしくおねがいします byまめこまめ






↑ ブログランキング参加中です~ ↓



☆こっちもポチッとお願いします☆




まめ天こまめ。まめこまめ。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

就学猶予について

26週3日で双子を出産したばかりです。
いつも、こちらのブログを拝見させて頂いております。

就学猶予についてですが、早産児で、発達に関してリハビリを行っている児に関しては、行政の判断では無く、医師と親が判断すべきだと思います。

とくに、生産期より前に早産し、本来、予定日の学年よりも上の学年になった場合は、自動的に繰り下げで欲しいですね。

修正の生後日数で考えて欲しいです。

適切な時期に適切な教育を受けさせたいです。

双子ママさんへ

はじめまして。
貴重なご意見、ありがとうございます♪

学年が繰り上がってしまった場合は特に悩まれる問題だと思います。
修正という概念も、一般的には知られいない状況ですし、
それに、修正にも追いつきにくいという場合も多いと思います。
適切な教育を希望したいですね。

コメント、ありがとうございました☆

就学猶予

こんにちわ。
23日5日で男の子のママです。
超未熟児なことと、人工呼吸器を何度も外したり
したことで、のどにコブができて気管切開もしてます。
悩んでいるタイムリーなタイトルにひかれて読ませていただきました。
就学猶予については双子ママさんと考えは同じです。
実際うちの子は5月生まれが1月生まれになったので、学年が繰り上がっています。
うちは医療行為もいるのもあって母子通園をしても、なかなか幼稚園の受け入れがなくて困ってます。
いろいろ動いて思うことは、出来ることなら就学猶予をしたいと思っても、行政は前例ばかりだしてたらいまわしを受けたり、あまりいい印象は持っていません。
市町村によっても対応が全然違うと感じることもあります。もっと国も入って、どんどん医療が発達してきて、合わせて見直しをしてほしいです。超未熟児の子供も増えてきてると思うので
もっと柔軟な対応を受けれるように改善していってほしいと切に思っています。

けいママさんへ

はじめまして♪
お返事、遅くなり申し訳ありません。

こちらのブログをディレクターの方がご覧になっているので
貴重なご意見、とてもありがたいです。

本当に行政は前例ばかりを上げてきますよね。
医療が進む一方、小さな赤ちゃんが無事に育つという反面、
こういった問題もこれから増えていくと思います。
どうか、お子さんも受け入れ先が見つかりますよう、また
スクスク育ちますように!

ありがとうございました。

> こんにちわ。
> 23日5日で男の子のママです。
> 超未熟児なことと、人工呼吸器を何度も外したり
> したことで、のどにコブができて気管切開もしてます。
> 悩んでいるタイムリーなタイトルにひかれて読ませていただきました。
> 就学猶予については双子ママさんと考えは同じです。
> 実際うちの子は5月生まれが1月生まれになったので、学年が繰り上がっています。
> うちは医療行為もいるのもあって母子通園をしても、なかなか幼稚園の受け入れがなくて困ってます。
> いろいろ動いて思うことは、出来ることなら就学猶予をしたいと思っても、行政は前例ばかりだしてたらいまわしを受けたり、あまりいい印象は持っていません。
> 市町村によっても対応が全然違うと感じることもあります。もっと国も入って、どんどん医療が発達してきて、合わせて見直しをしてほしいです。超未熟児の子供も増えてきてると思うので
> もっと柔軟な対応を受けれるように改善していってほしいと切に思っています。

就学猶予中です!

本当に悩みましたし、苦労しました。

就学猶予を取っているこの1年間を如何に過ごすかが大切なんだけど、そこに一緒に取り組んでくれる人がいたからできたんだけど、必ずしもめぐり合うとは限らないですよね。

だとすると、親の思いだけが先走ってしまい、子どもの思いや権利って大丈夫かな、結局親が子の権利を奪ってしまっていないかな、と心配になります。
医者にいただいた意見では、猶予をとることで子と親の精神的安定が期待できる、ということで、それがすとーーんと自分の中に沁みこんだんだけど、よく考えると親の気持ちの整理をどこでするのかということに尽きるんではないか・・と思いました。

猶予を選んだからにはその責任があるので、前を向いて前進あるのみです。

国勢調査で、7歳以上の幼稚園児・保育園児が意図的に抹殺されている!?

私が調べた結果、2000年度以前の発表データが、調査票の報告と異なる形に修正されていた可能性が浮上しました。

http://ja.wikisource.org/wiki/Census2000-14
問題の統計は、この「在学学校・未就学の種類、年齢別在学者数及び未就学者数」です。
7歳以上の欄では、幼稚園・保育所ともに在籍者が0人となっています。
しかし実際には、7歳以上の幼稚園児・保育園児は、実在していることが判明しています。

よくある例としては、就学猶予・就学免除などを受け、学齢期に達しても小学校に通わず、引き続き幼稚園などに通うというケースが挙げられます。
就学猶予と就学免除は、2010年度では3600人余りが適用を受けています。

http://blogs.yahoo.co.jp/tokiwa951/35729635.html
この読売新聞の記事においても、「男児は4月以降も、私立幼稚園に在園する予定だ」とはっきりと述べており、学齢期に達してから幼稚園に通う例が実在することを裏付けています。

また下記のように、行政においても、学齢期の幼稚園・保育園児の存在を想定した取り扱いがなされています。

http://www.city.shibuya.tokyo.jp/katei/children/teate/prv_yochien.html
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t19960510002/t19960510002.html
http://www.eqg.org/fighters/kiso/mondo.htm
これらの文書には、「就学猶予の6歳児も対象となる場合があります」
「なお、就学猶予等の者が幼稚園に在園しても、その者はこの補助金の対象とならないこと」
「小学校を就学猶予となっている児童の取扱いについて
当該児童が保育に欠ける場合は,保育所に入所することもやむをえない」
などの表現があり、7歳以上の幼稚園・保育園児は、制度上の例外的な措置ではなく、公文書でも規定を設けるほど想定済みのものであることが分かります。

統計局は私の問い合わせに対し、
「7歳以上の幼稚園及び保育園・保育所の在園・在所児数は,集計結果の示すとおりです。調査結果を意図的に修正するようなことは行っておりません」と回答しています。
しかし、上記のようにさまざまな情報から鑑みると、修正をしていないとは考えにくいのもまた事実です。
回答者がマークシートに誤って記入した場合などもありえることを考えると、修正を行っていないのに完全に「0人」という結果が出るというのは、どうしても受け入れがたいです。

国勢調査は、現実をそのまま発表するものであって、意図的に歪めて発表するものではありません。
なぜこのような現実と異なったデータが発表されたのだろうかと思います。

ただでさえマイノリティーとして大変な就学猶予・免除者について、幼稚園などに通っていたとしても、統計データでその存在を否定するかのような行為には反発を覚えます。
プロフィール

天さる

Author:天さる

23w2d618gの超低出生体重児を2005年4月出産。 子宮頚管無力症と診断されました。 未熟児疾患だいたい経験済。

子供の生きる力に驚かされます。

育児はさておき。お酒大好きー! ワイン・焼酎・日本酒など。
Gデザイナー・ネットショップ・企画制作の仕事しています。

↓ リンクです^^
http://ameblo.jp/noahnoor/
atelier NOAHNOOR


お気軽にメールください^^
必ずお返事いたします☆

----------

待望の第2子も授かり、
2008年10月、37週にて出産。

頚管無力症、子宮筋腫により、
寝たきりの安静妊婦生活を経て、
夢の正期産を果たしました。

現在、2人育児真っ最中です。

同じ悩みを持つ、ハイリスクママや超低出生体重児パパママのみなさん、情報交換しましょう!

私が経験した記録をリンクしています。興味がありましたら参考にご覧ください↓↓↓↓↓











小さい赤ちゃんのご両親へ
07240017.jpg
ブログランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ



育児ブログ・ランキング

↑ 応援よろしくお願いしますっ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
since 2009.5.22
ありがとうございます
現在の閲覧者数:
おともだちのサイト
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

あし@
はじめまして。
まめ天:
2005年4月生まれの女の子。618gだったのが夢のよう。スクスク元気な6歳の年長さん!

こまめ:
2008年10月生まれの2歳。悲しきかな、ド・和風男児。いつでもどこでも寝ます。。
今週のまめこまめ文庫

上がまめ天、下がこまめ。
絵本大好き


英語劇でばっちゃ役に奮闘中!


カラフルなしかけに夢中です。
エトセトラ



ヌイグルミブランケット



パズルカーペット



私のアイテム。
イラストはこれで描いてます。



私のアイテム。
ニコンD90


リンク用にどうぞ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。